Enjoy Archery 日記

アーチェリー歴20年目に突入するので始めてみました。

自分本位でうまくいかないこと

2度目のフィールド復帰戦にエントリーしました。

あわよくば全日の点数も取れたらいいな…

8月の練習の感じで行ったらいい感じかもな…




という時に。

子どもが体調不良( ´Д`)y━・~~

なんとなーく嫌な予感はしてたんですけどね…

今年はまるまる半年、元気に休まず保育園に行ってくれていました。愚図ることもあるけどある程度のところで妥協してくれるようになって、少しは楽になったなと思っていたのです。
でも順調すぎるな…そろそろくるかな…って所で登園禁止一週間( ゚д゚)

仕事もですが、試合の調整もしようと思っていた矢先の話で、、、。



まあ、仕方ないです💧

ちょっと予定を変更して調整することにします。


こんな時もあるさ‼️‼️
↑かなり自分に言い聞かせてます。

自覚のない目標と努力

努力ってどんなイメージですか?

歯を食いしばって汗を流して我慢をして日焼けしてるイメージ??

…私も昔は、目標設定してそれに向かってひたすら突き進む事が努力なんだと思っていました。

だけどある時出会った人に、
「目標に向かって努力することが全てじゃないじゃん。私は与えられたことを淡々とこなしたい。」
と言われて衝撃を受けました。

でもこの発言をした人物は、怠惰な生活を送っているわけでもなく、どんな仕事も賢く片付けている人だったので、なんでこんな事言うんだろう?と疑問でした。
そして目標、努力!を掲げる私を批判したくて言ったわけでもありませんでした。



時が経って、アラフォーに差し掛かった私…

最近思うのは、歯をくいしばる事ばかりが努力ではない…という事です。

毎日、学校に遅刻せず行く。

↑これも立派な努力じゃないのか??

当たり前こそ一番難しい…と以前にも書いたような書いてないような(笑)…のだから、一見当たり前に見えることをやり続けるのも努力なのではないか、と。

つまり「与えられた仕事を淡々とこなす」のも努力なのです。

目標なき努力、自覚なき努力です。

敢えて目標を言うなら、当たり前の事をする、と言う事でしょうか。
そして目標を自覚してるかしていないかの違いではないかなと思うのです。

平穏無事に毎日を過ごす、って実は難しいのです。朝、家を出て、淡々とやらねばならない事をこなして、無事に家に帰るという目標です。




台風の影響で、千葉県の被害が大変なことになっているそうです。

平穏無事な日々というのは、そういった自覚なき努力の元に成立しているのだと、思わされました。

アーチェリーのユニフォーム

先日、仲間内でユニフォームを作ろうという話になりまして…

久々のユニフォーム作りなので色々調べていたのですが…

相変わらずアーチェリー専用のユニフォームはできてませんので、バレーボールのユニフォームを使いました。

今回はasicsを使用しました。割りに好評でよかったです。自分用にはついでにDESCENTEも追加して作りました。

かつてはぷー●を使用した事もありますが、体にフィットしなくて不評でした😭
自分で着ていても何箇所もクリップで留めたりしないといけないので面倒でした💦
みず●は良いですが高いので、安価で色も豊富なasicsにしました。


むかしむかし、アーチェリー専用ユニフォームを作ろうプロジェクトがあって、ある都道府県の国体選手たちが試着してましたが、結局製品化せず…
押し手の袖にマジックテープが着いていて自分好みにフィットさせるというものでしたが…

ちなみについ最近まで、試合用ユニフォームは襟付きでなければならないという規定があり、それが日本のアーチェリーのユニフォームがダサく見えてしまう一因であったと思います。


ちなみに世界のユニフォームと今の日本代表のユニフォームはこんな感じ↓



どちらもWorldArcheryのFacebookより。
https://www.facebook.com/WorldArchery/



う〜ん、いかがですか?
それにしても赤だらけ笑

ちなみに先日可愛い子として掲載したValentina acostaちゃんのユニフォームはこちら↓

Instagramより。
https://instagram.com/vofvadi?igshid=1dkc40kn3d81d

…ちなみに彼女の髪の毛は今半分黒、半分青色になってました。タトゥーも入れていました。←どんだけ追っかけてるねん。。。



話を戻して…
アーチェリーは屋外での競技なのでなかなかデザインも難しいのかもしれませんが、、、
なんかもちょっと変わらないかな〜と思う日々です。

健康に生きるとは

ヤムナジャパンのフェイスブックに載ってた記事で最高に同意できるものがあったので掲載します。

https://www.facebook.com/537977892930893/posts/2525462504182412?sfns=mo



そう、一部の人たちは、たぶん、

「ふつうに生きていれば健康」

と思っている。

ふつう=積極的に運動やストレッチなどしない状態




…いやいやいや!!!!

全力で否定します!!!


健康とは…

「自らの手で掴みに行くもの!」

です!

って言うとイメージされるのが下記だと思うのですが↓↓↓


体に良いサプリを飲んだり?
…まあそれもいいですけど、まずは基本の食生活を見直そうね。

毎日ランニングしたり?
…まあいいけど、いきなり毎日できないだろうから週に何回かのストレッチから始めたらどうでしょう。



できることからで良いのです。
1日の最後にちょっとストレッチするだけで変わると思います。


あと、言いたいのは…

み ん な 毎 年 歯 医 者 に 行 け ‼️ ‼️

歯が悪くなると急激に不健康になります。
歯科助手として声を大にして言いたい…

芸能人でなくても歯が命!🦷


スポーツで結果を出そうと思ったら、健康なのが最低条件です。

不健康自慢しながらアーチェリーしてる人もいますが、それは中二病で物凄くダサい事なんだと早く気づいていただきたいものです。

サングラスかけるのかかけないのか

私の視力は両目0.8ぐらいです。

ちょびっとだけ右目が悪くて、中学生の時は右目だけコンタクトでした。

高校になってメガネを作りましたが、めんどくさくて授業中ぐらいしかかけていませんでした。なのでアーチェリーをしている時は裸眼0.4ぐらいで狙っていました。

社会人になってもそのままで、フィールドでもっと当てたいなと思った頃にコンタクトを両目作りました。現在もそのまま使用しています。(でも私が買っているコンタクトのシリーズではこれ以上度の低いものはないと言われているぐらいのレベルの目の悪さです)

事あるごとに、メガネでアーチェリーにチャレンジしていましたが、ことごとく上手くいかず…💦
顔向けを変える技術もなく、そのままコンタクトを使うことにしました。


しかし!
UVカットのコンタクトを使っているにもかかわらず!

👁 白目 に シ ミ が で き ま し た 👁

…数年前の話です…

うそやああ!Σ('◉⌓◉’)

と思って鬼検索しました。

紫外線もしくはブルーライトが原因だろうと⚡️


紫外線は人の倍以上浴びてる自信あるし←自信すな

パソコンは仕事で使いまくるし


どっちが原因かわかんねぇ!
いやどっちも原因やわい!!!!

ってことで、ブルーライトカットのメガネを買い…

アーチェリー中はサングラスをすることにしました🕶

ここ数年の射形改善のテーマは肩が中心でしたが、

サングラスをかける!🕶

ってのも密かな目標でして…

最初はうまく行きませんでしたが、最近大丈夫になってきました!



沖縄インターハイの時は、紫外線の強さを考慮して急遽サングラスオッケーになったらしいのですが🕶
日常的に高校生もサングラスオッケーにしていただきたい🕶

サングラスかけるのかかけないのか…??

かーけーるーーー!!!←きんに君風

always大変

我が子が生まれて気付いたことはたくさんあるのですが。

子育てはいつでも大変ってことです。


新生児の時は扱いが分からない、昼夜逆転
その後はいつ寝返りするのか?とヤキモキ。
寝返りして首が座ったら、座らせろと主張。
ずり這い、ハイハイが始まれば部屋の片付け。
かまり立ちが始まると歩くのはいつなのか?とヤキモキ。
歩き始めた頃に始まるイヤイヤ期。
イヤイヤ期が終わったと思ったら始まる反抗期。


今現在反抗期で困ってるのですが。
「◯歳 反抗期」でネット検索したらどの年齢でも出てくる!
学校の保健の時間に、第一次反抗期と第二次反抗期って習ったのになあ…あれは何やったんか??

結論、子育ては人それぞれ違うし成長も違うし大変さも違う。

「◯歳?じゃあ今〜やね。」
「女の子?育てるの〜やね。」
などなど、子育ての先輩たちは自分の子育ての歴史にあてはめて語ります。
それが多数だと自信満々に。
だけどそれは時に親を追い詰めます。




前置きが長くなりましたが、、、
同じことがアーチェリーでも(他のスポーツでも)言えるかなと思います。

「リリース膨らむから〜使った方が良いよ」
「月◯回の練習なら◯◯点出ないとおかしいよ」
「◯点出て◯◯の試合に出出るのに何で〜について悩んでるの?」
などなど、、、

子育てと同じで、何点出ても、どんな試合に出ていても、どんな弓を使っていても、always大変で、本人は精一杯なんです。

不調の時期が来たとして、コレさえやれば確実に大丈夫になるってものも無いのです。

自分には自分のやり方がある、と、静かに思って、周りの意見も参考にしつつ、最後に決断するのは自分です。

だから、もし良かれと思って言ったことがあったとしても、時には相手を追い込むことになるという事を、我々は念頭に置かなくてはなりません。

時には相手の選手生命も奪うことになります…




アーチェリーはalways大変。

でも、always楽しめるはずです!

「たられば」は次への原動力

試合が終わってから、

「〇〇していたら・・・」

「もし△△ならば・・・」

と思うことってしょっちゅうなのです。

 

よく、「試合後にたられば言っても仕方がない。そうならないように準備せよ」

と言われます。

実際私も言ってました。笑

 

でもでもでもでも!(K島よしお)

本当に向上心がなくなった時って、「たられば」もなくなるんです。」

 

「うん、こんなもんやったな。」

「よく頑張ったな!」

と、反省がないということは伸び代もないということで・・・

 

結果が「想定内」なのは良いのかもしれませんが、

「もし〇〇が●●やったらなー!」すら思えないのは、どうかなと・・・

 

 

f:id:momokoarchery:20190901205659j:plain

 

私なんか10年前の試合すら引きずってますよ・・・

あの時もっと仕事投げ出して練習してれば、トーナメントぐらい行けたんじゃないか・・・

 

なのでまあ、まだやってるんですわ。