Enjoy Archery 日記

アーチェリー歴20年目に突入するので始めてみました。

今猛烈に欲しいやつ!!

どん!



どん!



どどーーーん!



はい、WIN &WINの新製品たちです。

http://win-archery.jp/products/2019-new-products/

まあ詳しくは↑のリンク見ていただいて…

性能ももちろん良いのでしょうが。

私のどストライクの色!

デザインも好き!

まあたぶん定価なら全部揃えたら30万は行くんでしょうね…うう。

そしてこの弓に合わせるならX10射てないと意味ないよな…と。


私の計画では、
この夏あたりまでにACEに変えて
(今はApollo というヤバ安な矢)
1年ぐらいでX10に…と思っているので、
この欲しい弓たちも1年以上かけて少しずつ買いたいなぁと。
ボーナス4回ぐらいに分けて…ってなると2年がかりか…_φ( ̄ー ̄ )

いろいろ頑張ります、、、

思い出④ 合宿

高校1年からアーチェリーを始めて、行った合宿の数はもう何十回…

その中でも印象深いことをいくつか挙げてみようと思います。



①先生ガチギレで先輩が一日練習しなかった。

先輩たちとバトりながらも楽しく厳しい部活動をしていた高校時代。
合宿の夜は消灯時間厳守、、、ですが、みんな寝るはずもなく、コソコソ活動していました。…が。たまたまトイレに行った同期が先生と鉢合わせ。
「起きてるやつ全員連れてこい!」とミーティングルームに集められました。この時、寝ていた子も起こされたため全員集合。
先生ガチギレ。
「オレはもうお前らを見ない!」←合宿やのに…
その次の日、先輩たちは一日中先生の部屋の前で謝罪。
そのおかげか先生は次の日には練習に出てきて、先輩たちも無事練習に参加できました。
バトりまくっていた先輩でしたが、この時は全部被ってくれました。感謝…(/ _ ; )



②泥酔して先輩の携帯を投げる

大学時代。
合宿の最終日、とにかく飲みまくった夜。
「めっちゃ酔うまで飲んでみーや!」と言われてめちゃくちゃ飲みました。気付いたら片手に日本酒の瓶、片手にワインの瓶を持っていました。
恋バナなどしながらギャハギャハ笑い、男女先輩後輩交えてとにかく飲みまくりました。そのやり取りの中で、先輩に「なんでやー!」と突っ込んだ勢いで携帯を暴い、投げました…
当時はパカパカガラケー。パカパカがガクガクになりました。先輩は「酔ってたし仕方ない」と許してくれました。優しい…
しかし私は記憶バッチリ残ってるのです。酔っていたのか?微妙…本当に申し訳ない。
そして次の日は物凄い胃もたれでした。帰りのバスはほとんど起きれませんでした。



③休憩時間にゲームしまくる後輩

これも大学時代。
後輩がゲームを持ってきました。しかもテレビゲーム機の本体と、ソフトを…
「休憩時間にやりますから〜」とニヤニヤ。
男子部屋からはずっとゲームの音。呆れる通り越して面白くなってきました。
合宿中日、フリー練習の時間がありました。みんな昼寝してから練習をしていたのですが、ゲーム持参の後輩がいない。そして鳴り響くゲームの音(笑)
しばらくしてからその後輩が「いやーいっぱい昼寝できましたー」と言いながら出てきましたが、「嘘付けー!」と全員から総ツッコミくらってました。
でもこの時の合宿メンバーで国体入賞しまくったという思い出深い合宿です。





④長風呂すぎる女子高生たちと長すぎるお説教

社会人になってからのことです。
高校生と社会人と一緒に合宿に行きました。
女子風呂は小さいので、高校生が先に入っていいよ、と譲りました。
…しかし待てど暮らせど終了の報告がない。
呼び出して聞いてみると、「まだ入ってます」と。
2時間経っていました。高校生は、10名程度。お風呂には3名同時に入れます。
ブチ切れた社会人チームは全員呼び出してお説教。
、、、2時間待たされてるので、気持ちが高ぶりすぎてお説教の収集がつかず…一番年上の指導者の先生がシメてくれました。
私「いやー、指導者の先生がシメてくれると思ってて…」
先生「いやいや、あんたらいつ終わるねんって思って聞いててんけど」
社会人「お二人が上手くまとめてくれるかなーと思って…」
チームワーク取れてない。そして風呂の時間がまた遅くなりました。私たちも反省、、、





⑤ムカデに噛まれて

社会人時代。
山の中にある宿舎に泊まった時のこと。
同部屋の人が夜中に電気を付けて、「ムカデ!」と。
なんでやねーんと思いながら起きたらムカデの姿はなく、手を抑えていました。噛まれた、とのこと。
別の人が「宿舎の人に言ってくるわ!」とロビーに行きましたが、すぐ戻ってきて一言、
「だれもいてへーん!!!」
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
どうやら私たちが就寝中、宿舎の方々は帰宅して、朝食の時に戻ってこられたようです、、、




多分もっと面白いことがあったのに全然覚えてないっ悔しいです…また思い出したら書きます。

思い出③ 草刈りバトル

アーチェリー場のことをアーチェリーレンジ、略してレンジと呼ぶのですが。

高校生の頃、そのレンジは半分山の一部だったので、夏には草がボーボーに生えるのでした。

なので、伝統的に1年生は夏休みに入ってすぐ、草刈りをしないといけませんでした。

練習せずにずっと草刈り、そしてトレーニングという日が続き、とうとう先輩たちに「いつまでやってるん?!もう明日までに終わらせや!」とキレられ、、、←未だになんでそんなキレられないといけなかだたのか不明。

我々1年生的には「今日ここまでやったら明日には片付くかな」と言うところまできました。

で、最終日。
3人ほど「用事がある」と言って早退することに。
、、、これだけだと、サボり?!💢って感じですが、3人は「早退するから、お昼食べずに3人でココまでやっとくから、残り頼んでいい?」という提案があり、私たちが考えていたエリアの半分以上はやってくれるとのことなので、「良いよ〜👌」と軽く受けたのでした。

早退する3人は午前中の作業&トレーニングのあと、お昼を食べずに作業続行。
早退しないメンバーはお昼を食べて、昼から作業を始めました。
すると先輩たちは「そこだけ?ここもあるんやけど」と新たなエリアを指定。さらに「あとの3人は?」と。
経緯を説明しましたが納得してもらえず、「呼び出せ!💢」

公衆電話で呼び出しました←時代っ、、、

3人は納得がいかず。
説教しようとした先輩に食ってかかる。

残された我々は…
「何でもいいから早く帰りてぇー」
と思いながら草刈りを続け、
先輩たちに指定された新たなエリアは結局、3年生も含めたみんなでやることに。

そのことについても、
先輩「3年にあやまれ!」
我々「嫌です。」
と平行線でした。

その後どーなったのかは忘れましたが、とにかく反省文を書かされ、ある者はまじめに、ある者は半分抗議文に、そして私は時を大きくして字数を減らして書く…というなんとも反抗的な1年生でした。

この先輩たちとの対立は、序章に過ぎなかったのでした…

Twitterの威力!!!

少し前からこのブログ用のTwitterアカウントを作って連動させてみました。

すると、はい!


んもうbefore after がくっきりと別れました。

いやーすごいなTwitter、、、

そしてまあ今更ながらTwitterをちゃんとやり始めてみました。

うーん。

Twitterって、世界が広がるけど狭くなる。

このニュアンス伝わるかな…

だから一日一回みれば十分だと思うんですけど。

これ、ハマる人はハマるだろうし、楽しい部分もあるけど、私はとても怖い…と思いました。

情報収集ツールとしては便利ですけどね。

そして発信者側としてもとても有り難い。

けど私の発信で誰かを追い詰めることもあるのかも…なんてことも考えつつ付き合っていこうと思います。

今悩み中なのは質問箱ってやつをやるかどうか。

どーなのかしら。

ココナラみたいになっちゃうかなぁ…

思い出② 筋トレ

私は高校からアーチェリーを始めたのですが。
んもうとにかく筋トレをさせられました。
毎日筋トレとランニングで小一時間ほど…
入部して初めて筋トレをした時は、2、3年生より回数が少なかったり負荷がかかっていないにもかかわらず、次の日の朝は起き上がるのが一苦労、、、
階段はもちろん、和式トイレはただの地獄😭
とにかく慣れるのに必死で、やっと慣れて筋肉痛もマシになった頃に回数をあげられ、負荷をかけられ…筋トレをしても平気になったのは秋前ぐらいでした。
冬は冬でサーキットトレーニングと言って、それまでと違うメニューでまたもや筋肉痛に苦しめられ…
1年が終わる頃には立派なムキムキマンになっていました。

高校では耐寒マラソンがあり、15キロを走らなければならなかったのですが、、、
何故かアーチェリー部は上位に入ることが使命、みたいな感じで先輩たちにプレッシャーをかけられていました。
おかげで2年生の時には学年上位10位以内にアーチェリー部がほとんど入る快挙でした。

今思うと、そんなに必要?と思うトレーニングでしたが、辛かった分頑張ったなぁという自信とか達成感みたいなものはありました。

144本+矢取りダッシュ+準備片付け+弓具を持って移動 ということが試合の1日で行われるのですから、その時にヘタレてしまわないように、と言うのが筋トレをする理由と説明されましたが、恐らく達成感とか自信とかを持たせる意味合いも強かったのではないかと思います。

この試合会場内で、あんなに筋トレしてるのは自分たちぐらい、と断言出来ました。

断言できるって大事だと思うのです。特に若い高校生の時期に何でもいいから自信を持っているって言うのは、自己肯定感とか自己有用感につながりますから。

今ではその筋肉もどこかに言ってしまいましたけどね…同じメニューを今しろって言われたら、白目むきます👁

思い出① 大学リーグ戦

Twitter連携を始めました。
物凄い勢いで無言フォローしまくっており、「コイツ何?」と思われてそうですが…
しかし、大学のクラブの公式Twitterってたくさんあるんですね!知らなかった…←おばちゃん

4月はと言えば大学生はリーグ戦が始まります。
毎週末どこかの大学で試合をするというもの(ざっくり言ってます)

高校3年生で聞いた時には「大学生は大変だなぁ」と思ったのですが、大学入学後は「…バカ?!」と思いながらリーグ戦に挑んでました。
だいぶ舐めていたので、ミスも多々。

ある一戦ではプラクティスで矢をつがえようとしたらプランジャーがなくて、2つ年上の先輩を走らせて取りに行かせるということもありました。
流石に申し訳なかったです、、、

3回生までは本当にリーグ戦がめんどくさくて、風邪ですって嘘ついて休んだこともありました。
開会式なんて1回ぐらいしか行ったことがない、サボり魔でした。
選手に選ばれなかったら休む。←クソ野郎…

私が現役の頃は、選手に選ばれなかったら正装で行かなければならず、パンプスで行ってレンジに入る時にスニーカーに履き替えなければなりませんでした。で、スニーカー忘れて、先輩に買ってきてもらう、、、とか。

とにかく気がないエピソードばかり…

ですが、さすがに4回生になると、思い入れがあり、、、勝ちたい!という気持ち、最後まで頑張りたいという気持ちが出てきました。
ダラけてる後輩に「…ちっ」とか舌打ちしたり。
遅れてきた審判にめちゃくちゃ文句言ったり。
それまでの私とは全く違いました。

そんな私を見続けていた同期や親しい後輩は、
「まあ…あんたはそんなもんやろ…」
と言ってくれます。優しい😭

今思えば、あんなに非効率的な試合はないと思うのですが、経験できて良かったー!と思えています。

手作りクイーバー!

友達にクイーバーを作ってもらいました。

 

f:id:momokoarchery:20190331090401j:image

 

長年angelさんのクイーバーを使っていて、そんなに問題はなかったのですが…

 

f:id:momokoarchery:20190331090644j:image

https://www.angel-japan.net

色も豊富で丈夫でした。

 

ですが、ふと、

「angel率高すぎてかぶるな…」と思い始めまして。

 

そしたら革細工にハマった友達がなんとクイーバーに手を出したと言うで、、、

 

作ってもらいました!

 

私専用クイーバー!

 

と言ってもそんなに大げさなもんではないですが💦

 

筒の大きさとかポケットの大きさとか色々注文つけて作ってもらいました💦

 

大事に使います♫