Enjoy Archery 日記

アーチェリー歴20年目に突入するので始めてみました。

高い弓か安い弓か

「高い弓がいいのか安い弓がいいのか」

 

永遠の疑問だと思います。

 

そもそもアーチェリーの市場価格が適正なものなのか?という議論もありますが、私のように経済や経営を勉強したわけでもなく、会社経営もしたことない  ヘーヘーボンボン  な一般ピーポーからしたら、「よくわからん」ことです。

 

「その値段で売られてるからしゃーないやん」

「競技人口増えたら安くなるんちゃうん?」

ぐらいの認識です。

 

というのを前置きとして、こんな私が出す答えは、

「欲しいもの買えばいい!」

です。(えーっ!て感じですけど)

 

私もかつては悩みました…

 

ヤマハが撤退した時は私は現役真っ盛り。

自分の使っているヤマハの弓具が破損したときのことを考えて、予備が買える他のメーカーにした方がいいだろう、、、と思い、悩みに悩んでHoytユーザーになりました。

 

どの弓が自分に合っているのか、

誰に相談すれば良いかも分からないし、

他の選手たちに聞けば聞くほど大混乱。

 

結局、

「カッコいいから!」

という理由だけで選びました。

 

…すると。

「この弓はお前には合ってない」

「ちゃんと見てもらったんか」

「こんな弓で点数が出るわけがない」

などなど…

 

私の最終判断基準は「見た目」なので、そこを突っ込んでくる人がたくさん出てきました。

 

で、もう10年以上経って、そんなこと言ってきた人たちとの付き合いは……ほぼ皆無です。

 

無責任ですよね、、、

 

当時の私の心には自己嫌悪が残りましたが。

今では何とも思ってません。

批判する人は批判するし、いいねと言ってくれる人は言ってくれる。

 

結局、

予算

使いたい弓

自分の筋力体力

が合致するところが一番いいんだと思います。

 

良いよと言われて買った弓が気に入らなければ、それが高かろうが安かろうが、嫌な気分だけ残ります。

 

持ってるだけでテンション上がる弓

 

これが一番ではないでしょうか。