Enjoy Archery 日記

アーチェリー歴20年目に突入するので始めてみました。

アーチェリーのおかげで分かった自分の悪い癖

私は試合で当たらなくなると、

塞ぎ込んで不機嫌になります。

自分で自分が許せなくなります。

 

元来お喋りさんなので、

周りの人からしたら、

「急に何⁉️」てなもんです。

↑実際に言われたこともあります。

 

そこらへんをよーく分かってくださっている方がいて、私をコントロールして下さると良いのですが…

 

とにかく天邪鬼なんで、機嫌を取りに来られると余計に不機嫌になります。

お菓子攻撃もダメ。

普段はお菓子大好きなのに。

 

良く知ってる方は、そっとしておいて下さります。それが一番有難い。

 

で、小一時間ぐらいしたら、切り替えます。

それまでに私の中で何が起こっているかと言うと…

 

最初はもうとにかく自分を攻めまくります。

そして、なんで?なんで?の連続。

その場で原因が突き止められないとイライラ。

イライラしてるから上手くいかないと分かっているけど、色々考えて試したことは尽く上手くいかない。

そしてまた自分を攻めて…の繰り返し。

負のスパイラルってやつですね。

 

でもこれが始まると、どっぷり浸かりきらないとなかなか切り替えできません。

 

どっぷり浸かれば浸かるほど切り替えは早く、

あーみんな困ってる。このままやと私もあかん。

と突然思って、物凄く悔しい思いやイライラモヤモヤを引きずってはいますが、とにかく顔だけ明るくします。

そうすると、少しずつ気持ちも付いてきて、落ち着いて考えられるようになります。

そこでやっと、誰かにアドバイスを求めたり、またゆっくり考えよう、と思えたりします。

 

 

 

と、まあ、私の例を出しましたが…

 

この自分のパターンに気付いたのが、アーチェリー始めて4年目ぐらいです。

 

そして、このパターンが日常生活にも当てはまる!と感じられたのは社会人になってから…

 

私はアーチェリーしてなかったらもっともっと幼稚だったのかな、、、と思うほど、アーチェリーのおかげで自分のことが分かるようになりました。

 

 

きっかけは何でも良いです。

 

自分のダメな時のパターンをつかむ。

 

自分のことを知る第一歩ですね。