Enjoy Archery 日記

アーチェリー歴20年目に突入するので始めてみました。

思い出② 筋トレ

私は高校からアーチェリーを始めたのですが。
んもうとにかく筋トレをさせられました。
毎日筋トレとランニングで小一時間ほど…
入部して初めて筋トレをした時は、2、3年生より回数が少なかったり負荷がかかっていないにもかかわらず、次の日の朝は起き上がるのが一苦労、、、
階段はもちろん、和式トイレはただの地獄😭
とにかく慣れるのに必死で、やっと慣れて筋肉痛もマシになった頃に回数をあげられ、負荷をかけられ…筋トレをしても平気になったのは秋前ぐらいでした。
冬は冬でサーキットトレーニングと言って、それまでと違うメニューでまたもや筋肉痛に苦しめられ…
1年が終わる頃には立派なムキムキマンになっていました。

高校では耐寒マラソンがあり、15キロを走らなければならなかったのですが、、、
何故かアーチェリー部は上位に入ることが使命、みたいな感じで先輩たちにプレッシャーをかけられていました。
おかげで2年生の時には学年上位10位以内にアーチェリー部がほとんど入る快挙でした。

今思うと、そんなに必要?と思うトレーニングでしたが、辛かった分頑張ったなぁという自信とか達成感みたいなものはありました。

144本+矢取りダッシュ+準備片付け+弓具を持って移動 ということが試合の1日で行われるのですから、その時にヘタレてしまわないように、と言うのが筋トレをする理由と説明されましたが、恐らく達成感とか自信とかを持たせる意味合いも強かったのではないかと思います。

この試合会場内で、あんなに筋トレしてるのは自分たちぐらい、と断言出来ました。

断言できるって大事だと思うのです。特に若い高校生の時期に何でもいいから自信を持っているって言うのは、自己肯定感とか自己有用感につながりますから。

今ではその筋肉もどこかに言ってしまいましたけどね…同じメニューを今しろって言われたら、白目むきます👁