Enjoy Archery 日記

アーチェリー歴20年目に突入するので始めてみました。

令和です。

令和スタートですね。

仕事場では、平成表記なの?令和表記なの?西暦表記なの?とワタワタしていました。

その後お偉いさんから方針が出され、その方針にゴタゴタ文句言いながら仕事してました。

でも晴れて令和になったので、めんどくさいことから解放される〜よっしゃ!




さて。

そんな私は…
昭和生まれ平成育ち。
↑元ネタが分かる人はラップ調でお読みください。

平成という時代は激変の時代だったと思います。

いやきっと昭和も、ですけど。

アーチェリーにおいては日本記録が更新され続けた時代ではないでしょうか。

そして弓具の変化も速かったのでは、、、と思います。

私がアーチェリー初めてから20年間、弓具はずっと変化変化変化でした。

何が変わるって、素材!

素材の名前!

新製品が出るたびに「なにそれー?」と言っていた気がします。




そして、

違いのわからない私は、

素材の名前を覚えられず、

ついに令和を迎えました。大袈裟?

でも何だか取り残された感が凄いんです。



みんなね、

「◯◯って素材だから△△って特徴があるから××さんの射ち方にあってますよ」

とか…

ヘイキナカオシテイウンデス…

(・Д・)

↑私は常にこんな顔です、ほんまに。

そりゃ素材の名前や特徴が分かって、弓具を見立てられれば良いんですけど。

それは、ショップの人に聞いたり詳しい人に聞けばいいや〜〜ん?

…という甘い考えで、あまり勉強する気が起きないのが私です。

でも何だか取り残された感はある。

なんやろこれ?

もやもやもやっっとしながら、令和を迎えました。