Enjoy Archery 日記

アーチェリー歴20年目に突入するので始めてみました。

弓具に対する信頼

弓具については今まで何度か書いてきましたが…


●弓具に使われる素材と性能について私は無関心という話
「令和です。」
https://archery.hatenablog.jp/entry/2019/05/02/060044


●弓具は専門店で買って欲しいと言う話
楽天でアーチェリーを検索してみた」
https://archery.hatenablog.jp/entry/2019/02/15/080055


●自分の予算内で欲しいものを買えば良いと言う話
「高い弓か安い弓か」
https://archery.hatenablog.jp/entry/2019/01/26/080026


弓を買う時、自分なりに吟味して買ったつもりでも、その信頼が揺らぐ事ってないですか?

その原因は誰かに「それでいいの?」とか「それはダメだよ」と言われたからだと思います。
もしくは、点数が伸びない、もしくは点数が下がったから。



誰かに何かを言われて自分の弓への信頼が揺らいだ時には、一度冷静に考えてみてください。
「あなたの弓に何か言う人は、本当にあなたのことを考えてくれる人ですか?」
本当にあなたのことを考えてくれる人なら、あなたの経済的な面まで考えてくれるはずです。そんな人が、高価な弓具の買い替えを簡単に言うはずありません。
例えば「〇〇はダメだよ、✖️✖️にしなよ」と言う人は、✖️✖️と何かしらの関係がある人である可能性が高いはずです。

私もたくさんの人にその弓はダメだとか合ってないとか言われてきました。
だけど、そこで買い替えていたらすぐ結果が出たのかと考えたら、絶対そうとは言えません。
弓具を変えることで突然点数が上がるなんて、夢物語だと思っておいた方が良いです。

それに関連して、弓を変えたから点数が下がったと考えるのも、「自分の不調を弓具のせいにしている」だけです。

弓具を変える前から不調は続いていませんでしたか?もしくは、不調の兆しがありませんでしたか?

不調の兆しがあるときに弓具を変えることはお勧めしません。早急に変えなくてはならないこと(故障やポンドアップなど)がない限りは、今使っている弓具で調子を戻すまで練習し続けてみてください。



弓具への信頼がなくなることは、自分への信頼がなくなることと等しいと私は思います。

そして弓具を変えることで点数が上がると言うことも幻想です。

上手い人は何を使っても上手いのです。