Enjoy Archery 日記

アーチェリー歴20年目に突入するので始めてみました。

「調子が悪い」「スランプ」使用禁止!

高校生の時、「調子が悪い」「スランプ」という言葉は厳禁でした。

「調子が悪い」と言ってしまうと当たらない原因をちゃんと分析できなくなるから。

「スランプ」も同様で、そして本当のスランプはめちゃくちゃ上手い人にしか訪れないものだから。

これは結構不便でした。
先生のいない所ではみんな使ってましたが、少しでも先生の耳に入ると長〜〜〜〜い説教が待っていました。

高校生の時は「そこまで言わんでもいいやん、めんどくさいオッサンやなぁ…」と思ってたし言ってましたが←もちろん影で(笑)
今ではそこまで必死になって二つの言葉を使わせなかった先生の気持ちがとてもよく分かります。

「調子が悪い」「スランプ」と言ってしまうのは、思考停止する魔法の言葉です。

でもついつい使っています。

「調子が悪いな、なんでやろ?あぁ、〇〇だからかな」なら良いのですが。

〇〇だから、、、が大事です。

〇〇は、もしかしたら間違っているかもしれないけれど、〇〇だと結論づけるよう考えたという過程が大事です。

〇〇が間違っていたなら、また考えて、△△を導き出せば良いのです。

私もかつて、何をやってもうまく行かない、長い長い不調の期間がありました。
それを「スランプ」と言うのかもしれませんが、今思うと、ちゃんと原因のある不調で、その原因はその後のアーチェリー人生だけでなく、私の人生においても大事なことでした。
なのでその不調の期間は、「スランプ」と言うよりも、「自分見つめ直し」の期間だったと思います。



「調子が悪い」「スランプ」使用禁止はオススメの方法です。